有限会社クラスレーベルデザイン
concept

CLASSLABEL DESIGNの意味

わたしたちは、自分たちの意志を社名に託しました。 CLASSはクラシック “上級” を語源とする言葉。そこにLABEL “印 ・証” という単語を添えて、お客様に上級の評価をいただけるデザインをめざそうと考えました。 価格に満足していただく。 品質に満足していただく。そして、デザインがもたらす効果に満足していただく。そのすべてを含んだ総合評価が“上級”とお客様に認められるように、自分たちの持てる技術と知識と発想を惜しみなく繰り出していきます。

辞書で「デザイン」を調べると「モノを制作するにあたり、機能・材質・技術および美的造形美を計画する」と記してあります。 わたしたちの想うデザインとは、ビジュアル計画を通じて、最終的にはお客様の利益の創出を目指すものです。 お客様の1社1社、商品の1品1品に対して最適な企画・プランニングを施しデザイン制作をおこなう。 わたしたちはそのスタンスを大切にしながら、お客様の満足を奏で、成果を生みだせるように努めています。

CLASSLABEL DESIGNのロゴ

有限会社クラスレーベルデザインのロゴはCLASSのAの部分が“α”になっています。 これは上級を目指すためにブラスαのサービスの提供、ブラスαの努力をするという意味を込めています。 そして、そのスタッフ一人一人がクラスレーベルの“A(エース)”足るようにと考えたものです。 また、αから伸びたラインはコミュニケーションの橋渡しをデザインしています。 カスタマーとクライアントを繋ぎ、人と人を繋ぐコミュニケーションを担うグラフィックデザインがクラスレーベルデザインの仕事だからです。

このロゴは2002年の開業以来少しずつ変化しています。 大きな変化ではありませんが、その時々の運用の仕方や私たちデザイナーが考える企業ロゴのあり方を考えながら少しづつ変わってきました。 この変化は今後も続いていきます。 でも、デザインは変わりませんクラスレーベルデザインのコンセプトは変わることがないからです。

シンプルに仕事をすること。

商売の始まりは物々交換、同じような価値の商品同士の交換。現在の商売では物金交換。 しかも、物が形をなしてなかったり、金も仮想だったりとさぁ大変!そのうちに、正当な価値がわからなくなり不等に高かったり安かったりもうグチャグチャ、もう沢山です。わたしたちの仕事はデザインをすること。 デザインすることが人より上手でデザイナーをやっています。必要以上の金儲けのためにデザインをやっているのではありません。 もちろん、大きな効果を狙うデザインには多くのアイディアと多くの手間がかかるので、結果、大きな収益を得ることはありますが、あくまでも、デザインが好きで得意だからデザイナーをやっているだけ、ただそれだけです。

代価 > 報酬が生むアイディア

“自分の払う代価に対して報酬をもらう”当たり前のことです。 でも、最近の世間をみていると大きな報酬を得るために、みせかけの代価をつくったりしていることを見かけます。 たとえば、必要以上の予算が決まっているために、それに見合っているかのような作業をつくる。公共事業や予算が決まっている広告媒体の製作などね。わたしたちはこんな馬鹿げたことはしたくない。
あくまでも、必要な予算もしくはちょっと足りない予算ぐらいが丁度良いと思います。ちょっと足りない予算で期待をちょっと越える効果を生み出したい。 まるで仕事を安く請け合う企業と思われますがそうではありません。自分の支払った代価よりちょっと少ない報酬をいただくということです。 でも何でちょっと足りない予算か?と言うと、“どうしたら安く作れるのか”を学べるからです。いかなる予算帯であっても手抜きをすることなく、アイディアを凝らした商品作りをすることが重要です。 我々が掲げる上級のデザインとはお客様の求める“ひとクラス上”のデザインを提供することです。 お客様にとっては今までの予算でも得られる効果を大きくするということは、このアイディアを凝らした商品づくりが鍵になるのです。